平成30年11月17日(土)、国立劇場小劇場で催された
第3回 女性による伝統芸能の伝承「くちずさむ和楽器の音色」にて尺八の演奏をさせて頂きました。
スキャン 182680001

チラシに記載されているコメントの一部です。
「和楽器は、動物、木や竹、絹など命ある物を利用し作られてます。
和楽器の音色は自然からの贈り物といっても過言ではありません。…」
本当にその通りですねぇ〜。

終曲では、胡弓、箏、17絃、三絃、篳篥、笙、龍笛、楽琵琶、楽箏、尺八という楽器で、
和の音絵巻〜越天楽、六段、春の海を合同演奏させて頂きました。

お互いの楽器と楽曲への敬意をもって!
RHを重ねるごとに其々の楽器の特徴が滲み出てくる発見が楽しくて堪りませんでした。

前日は国立劇場にて最終RH
IMG_3443IMG_3444

演奏会当日は本番一発勝負٩(๑`^´๑)۶
IMG_3445
楽屋、入り口の稲荷神社に挨拶と感謝を申し上げ、
IMG_3446
食の味絵巻で腹拵え
46371061_261888547861766_7530925137185472512_n

いざ!本番へ!の楽屋写真であります。

終演後の疲れた身体は、高畠先輩からお裾分け頂いた、
山口県の外郎で鎮めさせて頂きました。
IMG_3450美味でがざいますぅ〜。