今年は文月から猛烈に暑い日が多かったのですが…
かと言って、和服の場合は素材や柄など、
月も気にかけてコーディネートを楽しんでおります。

やっと8月(葉月)になったので、
本日はここぞ!とばかりに、「美しいきもの」
夏のきもの特集の樋口可南子さんが着ていたような
コーディネートにしてみました。
IMG_3126
お分かりになりますか?
あっ!モデルが全然違うのはご容赦下さい。
八重山上布の着物に芭蕉布の帯、芭蕉布の鼻緒の下駄でございます。

ご存知の通り、麻の着物なので…ご近所のお買い物って感じの格の着物なのですが…
現代では相当に高値なのであります(*_*)

舞台は勿論、ホテルにも気が引けて着て行けないですし…

料亭も気が引けるなぁ。小料理屋は?うん!良いかもね〜と思い…
泉岳寺門前 紋屋さんの演奏仕事に向かいました。
IMG_3127
でも、最高級友禅と同等価格の上布!となるとシミを付けたらどうしよう!とか
麻だから裂けたりするかも!とかと怖くて今までは着てませんでしたが。

でも、これだけ暑いと見た目だけでも涼しげにすべし!
が第一のオシャレポイントとなり、本日憧れのコーディネートが実現した訳であります。

実際は、暑くて堪らなかったですけど…(´;ω;`)
【だって、雑誌とかと違って、楽器や譜面や諸々持って、電車で現場行っるんですから】
でも、人前では雑誌の樋口可南子さん気取りで、頑張って涼の演出をしてみましたよ。
内情はトホホのベトベト(-_-;)でしたが…

着物も帯も今日は沖縄の着物を着ているので、
本日の尺八演奏に琉球音階の曲も加えたのですが…
こちらも衣装同様に本日出会った日本の方々には気づいてもらえず…
撃沈

でも、憧れのコーディネートが出来て、私にとっては嬉しい1日となりました。

本日1日の〆の食事は紋屋さんの賄いメシ
IMG_3128 IMG_3129

ご馳走様でした、美味しかったです。
細心の注意を払い、着物にシミも付けずに速攻完食です!